出展社による製品・技術PRセミナー(2020)

セミナー会場は、C、D の2つの会場がございます

聴講無料製品・サービスのプレゼンテーションをご覧になれます!

4月22日

C 会場 CSPI-301 10:20~11:20

コベルコ建機のICTへの取り組み

ICT時代を生き抜くための建機の役割

コベルコ建機株式会社

ICTホルナビ推進室 アシスタントマネージャー 酒井 満


ICT・i-Constructionのコツやポイント、ICT建機の世代について
 ・i-Constructionの概要
 ・ICT建機の種類と特徴
 ・第二世代のICTバックホウ
 ・コベルコ建機の目指すもの

C 会場 CSPI-302 11:40~12:40

自分でやる「ICT」

生産性向上・省力化・品質確保には内製化!!

株式会社シーティーエス


ICT活用工事の目的でもある、生産性の向上、省人化をバックアップするべく、現場担当者のサポートツール、リニューアルした多機能電子野帳「Mr.samuraiⅡ」の紹介。 また、土工品質管理において工法規定方式の見えるかを可能にした、品質管理サポートシステム、転圧管理システム「Geo-PressCloud」の紹介。

C 会場 CSPI-303 13:00~14:00

i-Construction ~はじめの一歩~

株式会社トプコン

スマートインフラ事業本部 本田 肇


これからi-Constructionをはじめるための道具やソリューションのご提案

C 会場 CSPI-304 14:20~15:20

ゼネコンの事例から学ぶBIM/CIM3次元活用

明日から使える3次元モデル活用法とは

福井コンピュータ株式会社

MA営業課 エキスパート 浅田 一央


BIM/CIMの取り組みが本格化し、ゼネコンでは3次元モデルによる効率化へのチャレンジが進んでいます。 三次元活用現場では施工計画検討、施工管理、竣工データ作成に必要なことは何か。 本講演では現場での活用事例を元に、点群・3Dモデル・図面の最新活用をご提案します。
1.3次元モデル・点群活用最前線
2.クラウドを活用した3次元施工管理のご紹介
3.遠隔地でも安心。時間と距離を超えるVR会議の今!

C 会場 CSPI-305 15:40~16:40

ビル現場内に適した無線LANシステム

単管パイプで簡単構築、高層階でも通信可能

古野電気株式会社

技術研究所 石野 祥太郎


ビル現場内に適した新しい無線LANシステムの概要と最新の事例を紹介します。
本システムは、単管パイプの中に電波を通すことを特徴としており、簡単に設置・解体ができます。
ビルの高層階でも無線LANが利用できるようになるため、現場でのICT活用に寄与します。
無線LANの導入にご関心のある皆様の聴講をお待ちしています。

4月23日

C 会場 CSPI-306 10:20~11:20

コベルコ建機のICTへの取り組み

ICT時代を生き抜くための建機の役割

コベルコ建機株式会社

ICTホルナビ推進室 アシスタントマネージャー 酒井 満


ICT・i-Constructionのコツやポイント、ICT建機の世代について
 ・i-Constructionの概要
 ・ICT建機の種類と特徴
 ・第二世代のICTバックホウ
 ・コベルコ建機の目指すもの

C 会場 CSPI-307 11:40~12:40

自分でやる「ICT」

生産性向上・省力化・品質確保には内製化!!

株式会社シーティーエス


ICT活用工事の目的でもある、生産性の向上、省人化をバックアップするべく、現場担当者のサポートツール、リニューアルした多機能電子野帳「Mr.samuraiⅡ」の紹介。 また、土工品質管理において工法規定方式の見えるかを可能にした、品質管理サポートシステム、転圧管理システム「Geo-PressCloud」の紹介。

C 会場 CSPI-308 13:00~14:00

i-Construction ~はじめの一歩~

㈱トプコン

スマートインフラ事業本部 庄司 圭介


これからi-Constructionをはじめるための道具やソリューションのご提案

C 会場 CSPI-309 14:20~15:20

測量業における3D点群データの活用

ー 効果的な点群データ活用手法を確認する ー

福井コンピュータ株式会社

マーキュリー事業部 エキスパート 西川 晃


測量業務に「3次元・ICT」を活用することにより、現場の省力化・効率化が促進され、生産性の飛躍的な向上につながります。 「最新の計測機器」と「計測手法の進化」を踏まえ、測量業における「効果的な点群データ活用手法」について、 「3D点群システム」と「測量CADシステム」を使用した実演でご紹介いたします。

C 会場 CSPI-310 15:40~16:40

ロボットを活用したインフラ管理のデジタルツイン

株式会社イクシス

代表取締役 Co-CEO兼CTO

山崎 文敬

4月24日

C 会場 CSPI-311 10:20~11:20

コベルコ建機のICTへの取り組み

ICT時代を生き抜くための建機の役割

コベルコ建機株式会社

ICTホルナビ推進室 アシスタントマネージャー 酒井 満


ICT・i-Constructionのコツやポイント、ICT建機の世代について
 ・i-Constructionの概要
 ・ICT建機の種類と特徴
 ・第二世代のICTバックホウ
 ・コベルコ建機の目指すもの

C 会場 CSPI-312 11:40~12:40

自分でやる「ICT」

生産性向上・省力化・品質確保には内製化!!

株式会社シーティーエス


ICT活用工事の目的でもある、生産性の向上、省人化をバックアップするべく、現場担当者のサポートツール、 リニューアルした多機能電子野帳「Mr.samuraiⅡ」の紹介。また、土工品質管理において工法規定方式の見えるかを可能にした、 品質管理サポートシステム、転圧管理システム「Geo-PressCloud」の紹介。

C 会場 CSPI-313 13:00~14:00

i-Construction ~はじめの一歩~

株式会社トプコン

スマートインフラ事業本部 山藤 康平


これからi-Constructionをはじめるための道具やソリューションのご提案

C 会場 CSPI-314 14:20~15:20

建設現場の働き方を改革して時短を実現!

「紙からデジタル化」で業務効率化を実現するには?

株式会社MetaMoJi

法人事業部 法人第一営業部 部長 今西 信幸


iPad、Windowsタブレットとデジタル野帳アプリ「eYACHO」で建設現場の働き方を飛躍的に改革。
現場で是正指示書や報告書を作成でき、残業時間の削減、ワークスタイルの変革に大きく貢献する建設現場必須アプリ「eYACHO」導入のメリットや活用事例をご紹介します。

4月22日

D 会場 CSPI-401 10:20~11:20

建設キャリアアップシステムが本格運用中!

建設技能者の処遇改善を目指し、民間システムとも連携

国土交通省、(一財)建設業振興基金、民間システム各社

国交省建設市場整備課担当官、基金建設キャリアアップシステム事業本部担当者、民間システム各社担当者 


建設キャリアアップシステムは、建設技能者の資格、就業履歴等を業界横断的に登録・蓄積する仕組みです。国土交通省からは本システムを活用した技能者能力評価や専門工事企業の施工能力の見える化等の政策展開について、運営主体である建設業振興基金からはシステムの登録・運用方法や民間システムとの連携等について、また、民間システム各社からも事業内容についてご説明いたします。共同出展ブースにも是非お立ち寄りください。

D 会場 CSPI-402 11:40~12:40

設計と施工をシームレスにつなげる未来のBIM

設計データを現場で活用できるソリューションの提案

株式会社ニコン・トリンブル

ビルディング・コンストラクション営業部 安田 嘉樹


設計データを使って「測る」、「現況をMRで視る」、「現況データを点群で確認する」、「設計データに戻す」というワークフローを可能にするソリューションを、実例や実機によるデモを交えてご紹介します。 設計データを施工現場の各プロセスで活用することにより、効率が格段に向上します。

D 会場 CSPI-403 13:00~14:00

ICT×IoT=スマート施工で現場が180度転換!

実証!消波ブロック据付3Dナビゲーションシステム

株式会社建設システム

株式会社大竹組

常務取締役 山西 公彦


徳島県、伊島漁港災害復旧工事にて100トンの消波ブロック据付を従来手法から180度転換したスマート施工を実施した。ICT(自動追尾トータルステーション+快測ナビ+快測モニター)とIoT(4G+クラウド)をフル活用して安全で高品質な早期施工を実現。課題の水中部での安全据付の把握が可能で、また3次元的な据付位置の記録、更に事務所等の全国どこでもモニタリングが可能になる画期的なシステムをご紹介します。

D 会場 CSPI-404 14:20~15:20

ICT地盤改良工への適用に向けたYBMの取組と展開

YBMのICTソリューション「Y-Shared]

株式会社ワイビーエム

技術開発部 部長 川﨑 賢一郎


国土交通省が進める「i-Construction」の目的である建設現場の生産性向上のため、地盤改良機メーカーがハードウェアとソフトウェアを融合させ開発した最先端のICT地盤改良機と、4つのソリューションを統合させた全く新しいクラウドサービス「Y-Shared]を紹介します。「Y-Shared」は、事前計画、施工、検査のプロセスにおいて作業の効率化、作業の自動化をお客様にご提供します。

D 会場 CSPI-405 15:40~16:40

「快適トイレ」での生産性向上がもたらすもの

求められる快適トイレと災害時トイレの関係性について

(一社)日本トイレ協会

日本トイレ協会 運営委員、同協会災害・仮設トイレ研究会 広報幹事 谷本 亘


国交省が原則化した「快適トイレ」は広がりを見せ、全国の自治体や民間企業でも同様の取組みが増えている。しかし建設業における働き方改革・労働環境改善・担い手不足の解消のために今後もさらなる「快適トイレ」の展開が必須であり、それは災害時のトイレ問題の解決にも関係する。「快適トイレ」が建設現場にもたらす影響とそのスムーズな導入方法、災害時トイレとの関係を、(一社)日本トイレ協会運営委員が詳しく解説する。

4月23日

D 会場 CSPI-406 10:20~11:20

建設キャリアアップシステムが本格運用中!

建設技能者の処遇改善を目指し、民間システムとも連携

国土交通省、(一財)建設業振興基金、民間システム各社

国交省建設市場整備課担当官、基金建設キャリアアップシステム事業本部担当者、民間システム各社担当者 

  

建設キャリアアップシステムは、建設技能者の資格、就業履歴等を業界横断的に登録・蓄積する仕組みです。国土交通省からは本システムを活用した技能者能力評価や専門工事企業の施工能力の見える化等の政策展開について、運営主体である建設業振興基金からはシステムの登録・運用方法や民間システムとの連携等について、また、民間システム各社からも事業内容についてご説明いたします。共同出展ブースにも是非お立ち寄りください。

D 会場 CSPI-407 11:40~12:40

ICT施工に関するTrimbleソリューションのご紹介

サイテックジャパン株式会社


Trimbleがご提供するi-Construction / ICT施工に関する一連のソリューションを各製品(TBC、WorksManager、Earthworks、VISIONLINK)の事例を交えてご紹介いたします。

D 会場 CSPI-408 13:00~14:00

次世代工事写真ソリューション

週休二日実現への近道・2020新写真管理基準の解説

株式会社建設システム

大手建設ソリューション事業部 係長 奥田 和彦


◇大幅に改定される写真管理基準について解説
◇最適なソリューションによる工事現場の週休二日の実現
・土木写真管理のクラウド運用
・配筋写真の管理ツール
・トンネル現場の生産性向上ツール・導入事例

D 会場 CSPI-409 14:20~15:20

工事現場(土工、舗装)におけるBIM/CIMと3次元データの活用

近い将来訪れるデジタルコンストラクションの世界へ

ジオサーフCS株式会社


BIM/CIMに対応した工事現場におけるICT施工ソリューションおよび製品を紹介します。
・施工:Leica MC1 (マシンコントロール/ガイダンスシステム)
・測量:Leica RTC360 (高精度の3Dリアリティキャプチャ・ソリューション)
・設計:タイトレック "道路プランくん3D"(仮設道路計画アプリケーション:開発に至る経緯と現在迄の変化、実践事例、施工計画・方法の見える化)

D 会場 CSPI-410 15:40~16:40

AKASAKA Technology

AKTの現状とICTの未来をご提案

株式会社アカサカテック

特販部 高橋 善彦


GNSS+クラウド=ICTのアカサカテックの現状、転圧管理・運行管理などの最新情報とこれからのアカサカテックがご提案していく未来をご提案。 転圧管理は、アライアンスメーカー連携で4次元管理。運行管理もメーカー連携で統合管理を実現。 ICTの未来は、海外最新ICT技術を輸入で実現できるsocietyをご提案。

4月24日

D 会場 CSPI-411 10:20~11:20

建設キャリアアップシステムが本格運用中!

建設技能者の処遇改善を目指し、民間システムとも連携

国土交通省、(一財)建設業振興基金、民間システム各社

国交省建設市場整備課担当官、基金建設キャリアアップシステム事業本部担当者、民間システム各社担当者


建設キャリアアップシステムは、建設技能者の資格、就業履歴等を業界横断的に登録・蓄積する仕組みです。国土交通省からは本システムを活用した技能者能力評価や専門工事企業の施工能力の見える化等の政策展開について、運営主体である建設業振興基金からはシステムの登録・運用方法や民間システムとの連携等について、また、民間システム各社からも事業内容についてご説明いたします。共同出展ブースにも是非お立ち寄りください。

D 会場 CSPI-412 11:40~12:40

建設現場の3D計測に関するTrimbleソリューションのご紹介

サイテックジャパン株式会社

パートナーセールスグループ  グループリーダー 大橋 徹也


Trimbleがご提供する建設現場の3D計測に関するソリューションとその特長を実際の現場事例を交えながらご紹介いたします。

D 会場 CSPI-413 13:00~14:00

3次元点群に求められる特性とは

精度だけではない点群の評価方法

ライカジオシステムズ株式会社

事業推進室 シニアマネージャー 橋本 靖彦


一般的に地上型レーザースキャナー(以下、TLS)の精度は「リニアリティエラー」と「レンジノイズ」で表示されます。言い換えると、この二つは点群の正確度と精密度の指標です。しかし、実際に現場で取得する点群データにはこれら以外のファクターが多く存在しています。TLSで計測した点群が計測対象物を「あるがまま」に捉えることができない要因と、計測対象物によってどのような特性が好ましいのかについて考えてみましょう。

D 会場 CSPI-414 14:20~15:20

3D施工データを用いたワンマン施工管理

3D施工データで現場は180度転換する

株式会社建設システム

建設ICT事業部 課長代理 田中 克彦


ICT施工の拡大により、3D施工データを利活用する土木現場が増えてきました。本セミナーでは3D施工データを工事現場で利活用するためのポイントと実際に現場活用した3D施工データ活用をご紹介します。ICTツールの活用によって、従来手法から180度転換し、技術者だけでなく作業員レベルでのICT技術の普段使いを目指しましょう。

※敬称略。セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
都合により講師、プログラムの内容に多少の変更がある場合がございます。
なお、掲載枠上 講師の役職・所属を省略している場合もございます。予めご了承ください。

建設・測量生産性向上展

主催 : 建設・測量生産性向上展実行委員会 運営事務局
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-8-30 アルス市ヶ谷 3F
TEL:03-3237-3430 FAX:03-3237-5009