会期

2023年5月24日(水)・25日(木)・26日(金)
10:00〜17:00(最終日26日のみ16:00まで)

会場

幕張メッセ

カナモト・ユナイト・ソーキ

基本情報

屋内小間番号: F-11
屋外小間番号: OD-08

共同出展社

ユナイト
ソーキ

出展製品・サービス

ICTマシンガイダンス地盤改良システム

カナモトが提供する地盤改良システムは、GNSSを用いた従来の3DMGバックホウシステムに㈱岩崎が開発した専用アプリケーションを組み合わせることで、表層・中層・深層の各混合処理工法において、施工位置と改良深度管理する最新のICTマシンガイダンスシステムであり国土交通省が推進する「ICT施工出来形管理要領」にも準拠しています。
建機オペレータは、画面を見るだけで随時、施工地盤改良状況を把握出来るため、改良不足の防止による品質の均一化や作業効率最適化が可能です。また、事前に事務所側のシステムで改良区割りや改良体の位置データを作成する為、従来必要であった現場での作業が大幅に軽減されます。さらに、改良施工後は、データを事務所側のシステムに日々の作業データが蓄積することで、施工状況の把握や帳票作成の処理が可能です。複数のバックホウが稼働する現場においてもデータ統合処理、地盤改良の一括管理施工を実現します。

●区割り作業の軽減
●改良作業の見える化
●安定した改良品質
●簡単な帳票管理

E三S「イーサンエス」

従来のICT建機(MC・MG)と違い現場にある重機へプリズム付き角度指示器を直接バケットに付ける3Dマシンガイダンスです。
従来丁張やトンボを指標として作業を行うのに対し、E三Sでは、運転席に設置したデータコレクタのモニター表示(バケット刃先と設計面との差分を表示)およびバケット勾配目視装置を指標に作業を行う事が出来る技術です。
また、測量機器は、自動追尾トータルステーション及び杭ナビで使用が可能です。
小規模や大規模を現場を選ばず対応可能で手軽に設置が出来る3Dマシンガイダンスシステムです。

U-stoppen(追突防止補助装置)

人・障害物を検知して警告音作動、車両を緊急停止!!

建設工事における建設労働災害は、依然として多く、各種現場の安全対策のさらなる向上と事故の未然防止を目的に車輌の補助装備品として開発致しました。
油圧ショベル・ローラに取付、搭載機と人・物との接触防止する補助警告装置です。
衝突感知センサーの設置範囲は任意で設定可能。
狭い範囲で、人と機械の混在する現場でも有効です。
人だけでなく障害物も検知します。
ブレーキと強制停止を解除し、警報のみにて設定する事も可能です。
U-stoppenは、工事の安全確保の強い味方です。

Hemisphere 「3D-MG GradeMetrix」

3Dマシンガイダンスシステム中大型機対応VR-1000及び小型機対応VR-500の2機種をラインナップし小規模現場から大規模現場に対応可能なシステムです。従来、小型機向けのICTBHMGの装着が難しい中で一体型GNSSコンパスを採用する事で小型機のICT化を実現致しました。現場の状況に応じて2種類の機器を搭載する事で現場の多様化を実現できるシステムです。 

MMNav・AFNav

MMNav(切削機3Dコントロールシステム)
次世代型GNSSを用いた厚さ制御マシンコントロール対応!
切削機のマシンコントロールでは、現場状況に応じてTSを利用した高さ制御方式とGNSSを利用した厚さ制御装置方式の2つの制御方法を選択可能です。
また、ICT建機の準備が出来ない場合や小規模での施工においてもシステムを
ご利用頂けるよう、簡易式ガイダンスシステムも準備しております。
AFNav(アスファルトフィニッシャー3Dマシンコントロールシステム)
アスファルトフィニッシャーのマシンコントロールでは、誰にでも使いやすいClassic版と発展的な制御に使用可能な+(プラス)版の選択が可能です。制御は、グレードセンサ-的な0セット方式を採用しており3DMCが初めての方にも違和感が少なく運用頂けます。また、橋面でのレベリング舗装などTSをご利用頂けない現場でも3D制御が可能なよう、厚さ制御モードにも対応可能です。
両システム共に日々システムの改善とアップデートを行っています。