会期

2023年5月24日(水)・25日(木)・26日(金)
10:00〜17:00(最終日26日のみ16:00まで)

会場

幕張メッセ

日建リース工業

基本情報

屋内小間番号: D-74
担当部署: 技術安全本部技術システム部BIMCIM推進課

出展製品・サービス

3Dスキャニング支援

古くて躯体データのない建築物、文化財系の建物、橋梁工事等(現状地盤測量)、プラント等(リニューアル)への仮設材モデリングサービスのオプションとしての有償サービスになります。
作業工程は、1.『対象物のスキャニング』⇒2.『データを統合』⇒3.『リバースモデリング』⇒4.『仮設BIMモデル作成』の4工程となります。
点群データを活用するメリットとしまして、1.『測量スピードが速く、従来の測量作業が大幅に省力化出来る』2.『躯体データのない現場でも対応が出来る』3.『地盤面の変化にも対応できる』4.『なによりDX推進に直結する』
当然デメリットもあり、1.『データ量が多い』2『.受領・納品に手間がかかる』3.『導入コストが高い』等が挙げられると思います。デメリットを深く考えると、どうしても手が出なくなってしまいますが、少しでもお客様の生産性向上の手伝いをさせて下さい。

【建設DX】推進に迷われているのであれば、是非【Nikkenの建設DX】にご相談下さい。微力ながら、お客様の【建設DX】推進にご協力させて下さい。全力でサポートさせて頂きます。

足場・支保工仮設計画モデリング

当社は仮設材のリース・レンタルを生業としております。足場・支保工仮設計画モデリングサービスは、当社の仮設材を使って頂く事が前提の有償サービスとなっております。
建築・土木・橋梁ありとあらゆるシーンにも対応出来る様、当社のカタログに掲載されている仮設材はほぼ3Dデータ化しております。
また、仮設計画に精通し代表的なBIMCIMソフトのARCHICAD・Revitの操作も出来る【BIMマネージャー】を育成し全国どこでも対応可能な体制を構築しております。

2Dでの88申請対応からBIMCIMモデル作成まで同じ担当者が対応することにより、現場に寄り添った計画のご提案が可能となり、引継ぎの際の確認不足の心配もありません。
3Dデータの仮設材には、品名・品番・重量等の情報が入っております。また、工区・節等の現場の情報も後で設定する事も可能となっており、工区毎・節毎等の現場の工程に沿った数量の抽出や、工区・節等の設定を行えばSTEP図による施主様や近隣住民への説明資料が作成出来ます。

足場・支保工仮設計画モデリングサービスでお客様の作業時間短縮のに是非ご協力させてください。

仮設材Web発注

仮設資材を買い物かごに入れてネットで買い物するように、Webで注文出来るシステムを開発致しました。
今まではFAXやメール等でやり取りを行っていた作業がボタン一つで行えるようになり、送信忘れ等のヒューマンエラーが無くなります。
代表的なBIMCIMソフトのARCHICAD・Revitで計画したモデルを活用し、ARCHICADであればxlsxファイルで、Revitであればtxtファイルで作成した数量ファイルをドラッグ&ドロップするだけ。あとは現場情報等を入力して頂き、発注ボタンを押すだけで発注が完了します。数量の丸め込みや仮設材の追加注文も可能です。BIMCIMモデルが無くても手拾いした数量をxlsxファイルもしくはtxtファイルに入力してドラッグ&ドロップすれば同じように発注出来ます。
BIMCIMモデルがあれば、より正確で漏れの無い数量が抽出され、Web発注によって伝え間違いや言い忘れ等によるヒューマンエラーの削減に繋がります。少しでもお客様の手間や作業時間の短縮に役立つツールです。働き方改革の攻略アイテムとして是非ご利用ください。