インフォマティクス

基本情報
【屋内小間番号】I-21

GyroEye Holo

GyroEye Holoは、HoloLens 2等のウェアラブルデバイスを介して、2次元図面や、3次元BIM/CIMデータを現実世界に原寸大で投影することができるシステムです。各種施工支援、墨出し、計測、検査など様々な現場のニーズに合わせて建設DXに活用することができます。

TS+

TS+は、GyroEye Holoをトータルステーションと連携して使うことにより、GyroEye Holoの位置精度の向上や安定を実現するシステムです。HoloLens 2の位置精度を高めることで、更に広い業務範囲への適用が可能となります。

XRoss野帳

HoloLens 2とタブレットを連携し、HoloLens 2を介した現場の様々な調査結果を直接帳票や図面にアウトプットすることができます。また、双方向の映像と音声通信、図面連携、帳票連携の3要素により、リッチな環境で遠隔臨場を行うこともできます。
PAGE TOP