こちらは、2021年5月12日〜14日に開催したCSPI-EXPO2021の出展社情報です。

福井コンピュータ

基本情報
【屋内小間番号】I-31

FIELD-TERRACE

測器をスマートフォンで制御する現場計測アプリFIELD-TERRACEは、TOPCON社の「杭ナビ」をはじめ各種測器と連動し、測設、丁張設置などの現場の位置出し作業を効率化します。土木施工現場に必要な計算機能から点検・検査まで対応。弊社CADとの連携により“図面”と“現場”がリンクし、現場業務を強力に支援します。また、CIMPHONY Plusとの双方向通信によるクラウド連携を実現。現場と事務所など遠隔地からの検査指示や計測結果のリアルタイムに連携することで、立会い検査の効率化を支援します。

CIMPHONY Plus

CIMPHONY Plusは現場写真や3次元データ、図面等、建設生産プロセスにおいて流通するデータを“時間軸”と“位置情報”で管理・運用できるデータ共有クラウドサービスです。クラウド上に3次元地図を表現し、工事現場データを共有します。時間軸と位置情報で管理することで、受発注者・関連業者間において一連の工事状況の見える化を実現します。連絡事項等も書き込むことができ、関係者間で情報共有や合意形成を支援します。福井コンピュータ製の電子小黒板等と連携し、クラウドを利用した効率的な写真管理を実現します。

TREND-CORE

TREND-COREは、3Dモデルを活用し建設・土木施工業務の高度化を支援するシステムです。土木施工専用コマンドを標準装備し、属性情報を付加することでCIMモデルを構築。現場を可視化し安全性や施工効率の向上、作業従事者の情報共有等で活用できます。作成した3Dモデルを点群と合成することで、既設構造物と設計の干渉を可視化します。VRデータとして出力でき、仮想空間上で協議・検討が行えます。さらにCIMPHONY Plusへデータ連携することにより、VRを活用した複数人での遠隔協議が可能となります。