イメージ ワン

ImageONE

基本情報

担当部署: GEOソリューショングループ
TEL: 03-6233-3415
Email: geo-inf@imageone.co.jp

製品情報

高精度な三次元形状の復元など、様々な画像処理ができる『PIX4Dmapper』

高精度な三次元形状の復元など、様々な画像処理ができる『PIX4Dmapper』
『PIX4Dmapper』は、ドローン搭載カメラだけでなく、汎用カメラやマルチスペクトラムカメラなどで撮影した画像をもとに、高精度な三次元形状の復元、オルソモザイク画像などを生成し、さまざまな画像処理ができるSfMソフトウェアです。

画像ファイルや標定点などの画像処理に必要な情報をインポートした後、開始ボタンを押すことで処理が開始されるため、作業工数を大きく削減できます。

当社ならびに当社パートナー企業様よりご購入いただいたユーザー様には、オリジナルガイドブック(PDF版)、ユーザー様専用のFAQサイト、基本操作に関する基本動画をご利用頂けます。

クラウド上でプロ仕様のSfM処理ができる 『PIX4Dcloud』

クラウド上でプロ仕様のSfM処理ができる 『PIX4Dcloud』
『PIX4Dcloud』は、UAV(ドローン)等で撮影した画像をPix4D社が提供するクラウドサーバーで画像処理を行い、さらにはブラウザーベースで2Dオルソモザイク、3D高密度点群、3Dメッシュの閲覧、距離・面積・体積の計測やクラウド上のデータについて、特定のURLを共有することで、Pix4D社製ソフトウェアを持っていなくても簡単にデータ共有を行うことが可能です。

​もちろんクラウド上で処理をしたデータの精度は従来のPIX4Dmapperと変わらないプロフェッショナルなものとなります。

iPhone/Android上で動作する無料の専用撮影ソフト『PIX4Dcatch』を用いて撮影した画像も、直接かつ簡単にSfM処理へ繋ぐことができます。

更に、『PIX4Dcloud Advanced』では、日本ユーザー向けの機能として「無人航空機(UAV)を用いた公共測量」にもとづく精度管理表の作成機能も有しております。

大量の画像処理に適した次世代SfMソフトウェア 『PIX4Dmatic』

大量の画像処理に適した次世代SfMソフトウェア 『PIX4Dmatic』
『PIX4Dmatic』は最新世代のドローン(UAV)を利用するプロフェッショナルな分野において、大量の撮影した画像から精確な高密度点群、数値標高モデル(DSM)、およびオルソモザイクを生成するための次世代SfMソフトウェアです。

PIX4Dmaticは測量レベルの精度を維持しながら何千もの画像を処理し、プロジェクトを分割やマージする手間を省き画像から点群生成までにかかる時間を大きく減らすことができます。

iPhone/Android上で動作する無料の専用撮影ソフト『PIX4Dcatch』を用いて撮影した画像も、高速なSfM処理により親和性が高いです。

ソフトウェア導入時に当社独自のガイドブックをご提供のほか、メール・専用の問い合わせフォームによる独自の日本語サポート、独自解説動画や専用FAQによる情報公開を行うなど、ご利用後も安心してご利用いただける体制を整えております。

屋内や地下など「どこにでも持ち運べる」三次元モバイルマッピングレーザー

屋内や地下など「どこにでも持ち運べる」三次元モバイルマッピングレーザー
GeoSLAM社の三次元モバイルマッピングレーザーは、SLAM(自己位置推定と空間地図作成を自動で同時に 実行する機能)技術を利用した小型・軽量の計測機器で、屋外だけでなく、GNSS信号が受信できない屋内環境の計測・調査にも活用できます。
既存の3Dレーザースキャナとは異なり、SLAM方式は持ち歩きながら連続して三次元計測作成できるため、手軽に現況データを取得することが可能です。

『ZEB-HORIZON』は最大測定距離100m、毎秒30万測定点にて高速スキャンニングをすることで多くの三次元点群データを取得できる汎用モデルです。

『ZEB-REVO RT』はリアルタイムでSLAM計測結果の確認ができる小型軽量のエントリーモデルです。

高精度な三次元形状の復元など、様々な画像処理ができる『PIX4Dmapper』

『PIX4Dmapper』は、ドローン搭載カメラだけでなく、汎用カメラやマルチスペクトラムカメラなどで撮影した画像をもとに、高精度な三次元形状の復元、オルソモザイク画像などを生成し、さまざまな画像処理ができるSfMソフトウェアです。

画像ファイルや標定点などの画像処理に必要な情報をインポートした後、開始ボタンを押すことで処理が開始されるため、作業工数を大きく削減できます。

当社ならびに当社パートナー企業様よりご購入いただいたユーザー様には、オリジナルガイドブック(PDF版)、ユーザー様専用のFAQサイト、基本操作に関する基本動画をご利用頂けます。

クラウド上でプロ仕様のSfM処理ができる 『PIX4Dcloud』

『PIX4Dcloud』は、UAV(ドローン)等で撮影した画像をPix4D社が提供するクラウドサーバーで画像処理を行い、さらにはブラウザーベースで2Dオルソモザイク、3D高密度点群、3Dメッシュの閲覧、距離・面積・体積の計測やクラウド上のデータについて、特定のURLを共有することで、Pix4D社製ソフトウェアを持っていなくても簡単にデータ共有を行うことが可能です。

​もちろんクラウド上で処理をしたデータの精度は従来のPIX4Dmapperと変わらないプロフェッショナルなものとなります。

iPhone/Android上で動作する無料の専用撮影ソフト『PIX4Dcatch』を用いて撮影した画像も、直接かつ簡単にSfM処理へ繋ぐことができます。

更に、『PIX4Dcloud Advanced』では、日本ユーザー向けの機能として「無人航空機(UAV)を用いた公共測量」にもとづく精度管理表の作成機能も有しております。

大量の画像処理に適した次世代SfMソフトウェア 『PIX4Dmatic』

『PIX4Dmatic』は最新世代のドローン(UAV)を利用するプロフェッショナルな分野において、大量の撮影した画像から精確な高密度点群、数値標高モデル(DSM)、およびオルソモザイクを生成するための次世代SfMソフトウェアです。

PIX4Dmaticは測量レベルの精度を維持しながら何千もの画像を処理し、プロジェクトを分割やマージする手間を省き画像から点群生成までにかかる時間を大きく減らすことができます。

iPhone/Android上で動作する無料の専用撮影ソフト『PIX4Dcatch』を用いて撮影した画像も、高速なSfM処理により親和性が高いです。

ソフトウェア導入時に当社独自のガイドブックをご提供のほか、メール・専用の問い合わせフォームによる独自の日本語サポート、独自解説動画や専用FAQによる情報公開を行うなど、ご利用後も安心してご利用いただける体制を整えております。

屋内や地下など「どこにでも持ち運べる」三次元モバイルマッピングレーザー

GeoSLAM社の三次元モバイルマッピングレーザーは、SLAM(自己位置推定と空間地図作成を自動で同時に 実行する機能)技術を利用した小型・軽量の計測機器で、屋外だけでなく、GNSS信号が受信できない屋内環境の計測・調査にも活用できます。
既存の3Dレーザースキャナとは異なり、SLAM方式は持ち歩きながら連続して三次元計測作成できるため、手軽に現況データを取得することが可能です。

『ZEB-HORIZON』は最大測定距離100m、毎秒30万測定点にて高速スキャンニングをすることで多くの三次元点群データを取得できる汎用モデルです。

『ZEB-REVO RT』はリアルタイムでSLAM計測結果の確認ができる小型軽量のエントリーモデルです。