オプティム

OPTiM

基本情報

共同出展社

製品情報

OPTiM Geo Scan

OPTiM Geo Scan
LiDARセンサー搭載のiPhoneとGNSSレシーバー取得の位置情報を組み合わせて、短時間で高精度な測量を行える3次元測量アプリです。対象をアプリでスキャンするだけで、高精度な3次元データが取得できます。
本製品は、小規模現場において利用頻度の高い光波測量と比較すると、測量作業時間を最大90%※1削減、さらにドローンやレーザースキャナに比較し、作業コストを最大80%※2以上削減できます。
また、本製品は土工事において十分な精度(±50mm)を有しております。国交省で改定された出来形管理要領※3に準拠しているため、起工測量だけでなく、中間出来高測量、さらに出来形測量などさまざまな工程でご利用いただけます。

※1 2022年4月8日時点、オプティム調べ。800㎡の現場を想定し、オプティムにて計算した結果に基づく。
※2 2021年5月12日時点、オプティム調べ。800㎡の現場を想定、オプティムが実施した調査結果に基づき、計算した結果。
※3「3次元計測技術を用いた出来形管理要領(案)」の第14編土工(1000㎥未満)・床掘工・小規模土工・法面整形工編第9章モバイル端末を用いた3次元計測

OPTiM Geo Point

OPTiM Geo Point
「OPTiM Geo Point」は「OPTiM Geo Scan」をご購入いただいた方に無料でお使い頂けるお得なアプリです。
現場において利用頻度が高いGNSS測量、および杭打ちをスマホ、タブレットで手軽に行うことが可能です。
・GNSS測量
アプリ上で、ワンタップで測量が可能で、時間がかかりません。
現況を把握するための平面測量や縦断測量においてトータルステーションを用いた従来の手法と比較すると、97%※1の工数を削減できます。
・杭打ち
アプリに登録した地点への誘導・発見が可能です。約50箇所の杭打ちを行った場合、トータルステーションを利用した場合に比較し、作業時間が90%※2削減されます。現場での境界の位置出しや、地中埋設物の位置確認など、さまざまな場面※3で気軽にご利用いただけます。

※1、※2 オプティムが実施した調査結果に基づき、計算した結果
※3 使途としては、現況を把握するための測量に限定してください。例えば、構造物を構築するための測量などには使用しないでください

OPTiM Geo Scan

LiDARセンサー搭載のiPhoneとGNSSレシーバー取得の位置情報を組み合わせて、短時間で高精度な測量を行える3次元測量アプリです。対象をアプリでスキャンするだけで、高精度な3次元データが取得できます。
本製品は、小規模現場において利用頻度の高い光波測量と比較すると、測量作業時間を最大90%※1削減、さらにドローンやレーザースキャナに比較し、作業コストを最大80%※2以上削減できます。
また、本製品は土工事において十分な精度(±50mm)を有しております。国交省で改定された出来形管理要領※3に準拠しているため、起工測量だけでなく、中間出来高測量、さらに出来形測量などさまざまな工程でご利用いただけます。

※1 2022年4月8日時点、オプティム調べ。800㎡の現場を想定し、オプティムにて計算した結果に基づく。
※2 2021年5月12日時点、オプティム調べ。800㎡の現場を想定、オプティムが実施した調査結果に基づき、計算した結果。
※3「3次元計測技術を用いた出来形管理要領(案)」の第14編土工(1000㎥未満)・床掘工・小規模土工・法面整形工編第9章モバイル端末を用いた3次元計測

OPTiM Geo Point

「OPTiM Geo Point」は「OPTiM Geo Scan」をご購入いただいた方に無料でお使い頂けるお得なアプリです。
現場において利用頻度が高いGNSS測量、および杭打ちをスマホ、タブレットで手軽に行うことが可能です。
・GNSS測量
アプリ上で、ワンタップで測量が可能で、時間がかかりません。
現況を把握するための平面測量や縦断測量においてトータルステーションを用いた従来の手法と比較すると、97%※1の工数を削減できます。
・杭打ち
アプリに登録した地点への誘導・発見が可能です。約50箇所の杭打ちを行った場合、トータルステーションを利用した場合に比較し、作業時間が90%※2削減されます。現場での境界の位置出しや、地中埋設物の位置確認など、さまざまな場面※3で気軽にご利用いただけます。

※1、※2 オプティムが実施した調査結果に基づき、計算した結果
※3 使途としては、現況を把握するための測量に限定してください。例えば、構造物を構築するための測量などには使用しないでください