E三S(Economy 3DMG・System)

従来での法面整形等での施工で丁張りやトンボを指標として作業を行うのに対し、E三Sでは、自動追尾TSを使用して測量機のデーターコレクターやタブレットを利用し重機運転席の画面モニターとしバケット刃先と設計面との差分を表示しバケット本体に取り付けた本体の勾配目視装置を指標に作業が行う事が出来る技術です。重機に関しては、専用機でなく汎用の重機に装着が可能となっており測量機とE三Sを準備して施工をする事が出来る簡易マシンガイダンスシステムです。装着やキャリブレーション等も容易で誰でも気軽に装着して使用する事が出来ます。