ナクシデント 死角を視界に変える接触防止システム

3D情報を取得できるデプスカメラを搭載しさらにAIによる物体認識などを組み合わせた接触防止システムです。最先端の技術を駆使した後付けユニットで、重機運用時の広報未確認による事故防止をする。オペレーターの死角カバーし、飛躍的に安全性が向上する接触防止システムのナクシデント。その中心となるのが3つのレンズを持つデプスカメラで中央レンズの画像を撮影し左右の赤外線カメラが距離を測定するという仕組み。さらに取得データをAIが解析し視界に入った対象との距離を計測しつつ、それが「人」か「物」かを判断して人を検知した場合のみ停止する接触防止システムです。