ドローン搭載型グリーンレーザースキャナ

グリーンレーザースキャナのドローン搭載は、2019年に実用化された最新の技術です。 航空機搭載型のものはありましたが、産業用ドローンに搭載可能なサイズ、重量までにダウンサイジングすることは非常に困難でした。 しかし、2019年4月に実用化を達成し、全国の地方整備局をはじめ、さまざまなお客様にご活用いただいています。 航空機搭載型に比べ、飛行高度が低いため局所的に、高密度に3次元座標データを計測することが可能です。また、最大の特徴は、陸上とともに、水を透過して水底まで計測できることです。
PAGE TOP