クラウドサービス(現場統合管理)
「CIMPHONY Plus」

福井コンピュータ株式会社

【屋内】N-10

■概要
「CIMPHONY Plus」は、クラウド上に展開された3次元地図上で、現場写真や映像、図面や3Dモデルなどの現場データを時間軸と位置情報で管理・共有する、新しい概念を持った現場統合管理クラウドサービスで、調査・測量・設計・施工から維持管理までの、インフラメンテナンスサイクルのデータ基盤として提供されている。
■様々な工事データを統合管理
2D図面、3Dモデル、3D点群、現場写真・映像、360°パノラマ画像・映像など、様々なファイル形式のデータを地理院地図やOpen Street Map(OSM財団)の3次元地図上に配置し、デジタルツインによる現場をクラウド上に再現できる。
■離れた現場も手元で確認できる
クラウド上に再現された現場データの断面や、現況比較、土量進捗など、工事の進捗に合わせてどこからでも確認が可能で、協力会社との現場の状況共有や、複数の現場の管理などにおいて非常に有効であり、現場までの移動時間の削減にもつながる。
■遠隔臨場での立合いや検査に活用
現場計測アプリ「FIELD-TERRACE」とリアルタイム連携に対応しており、「CIMPHONY Pus」の画面上で遠隔臨場による出来形計測や、立会検査が可能である。また「CIMPHONY Pus」を介して、複数人が同時にVR空間(TREND-CORE VR)に入ることも可能で、災害現場など危険を伴う現場など、遠隔地に居ながら現地踏査や施工計画などに活用できる。

掲載企業
福井コンピュータ株式会社
所在地
〒910-0297 福井県坂井市丸岡町磯部福庄5-6
電話番号
0570-039-291

\\ 『建設のミライ』がここに集結 //

誇り持てるインフラを後世に
協調領域の検討着手
次世代の人材育成

東京大学 大学院
特任教授
小澤 一雅 氏

インフラDXを地域建設業に拡大
担い手確保、安全安心の実現
若者が活躍し、夢が広がる産業に

国土交通省
技監
吉岡 幹夫 氏

多様なデータ、デジタルツインで連携
目指すのはフルデジタルな社会
Society5・0実現へ
データ標準化、交換ルールづくり

デジタル庁
データ戦略統括
平本 健二 氏

現場に近い環境で
臨場感ある体験を実現

建設・測量生産性向上展
実行委員長
谷 鉄也 氏