UAVレーザー計測による水・陸データの取得

出展社:小林コンサルタント

当社は、これまでUAV搭載の近赤外レーザーを活用し、樹木や草地であっても詳細な点群データを取得でき、特にiーConstructionの工事測量では多くの実績があります。昨年、水中を透過する波長のUAVグリーンレーザーを導入し、濡れた地面や水面下の地形計測が可能になりました。これにより、水・陸両方のデータ取得が可能になり、これまでの工事測量の他、河川における浅水部 (~10m) の深浅測量や水中インフラの調査など、幅広い測量業務に対応できます。