3Dカメラによる新たな路面性状調査

出展社:パスコ

パスコは、長年培ってきた路面性状調査のノウハウを生かし、詳細な路面状況を含む道路空間全体を3次元的に計測するシステム『Real Dimension』を開発しました。本システムでは、膨大な道路ストックの舗装健全度(ひび割れ・わだち掘れ・平たん性)を自動解析することで客観的・定量的に評価でき高精度・高品質化を図ります。また、橋梁、トンネル、道路付属物などを含む道路空間の3次元データを活用して、デジタルツインを実現し、様々な予測シミュレーションを可能とするなど、老朽化対策、国土強靭化対策に貢献します。