自動現場練混装置 「DMC-12(Ⅲ)」

出展社:アルボルデマンサナ

2019年3月に導入いただいたDMC-12(Ⅲ)は、「DMC工法」を取り入れた超速硬コンクリート製造装置を搭載した専用車両で、中型車両に約1.0㎥分の材料を貯蔵したまま現場に直行、製造からエビデンス認証まで行える仕様となっています。
20年前に自社開発された専用車両に代わり、材料計量と練り混ぜ機能を全自動化することにより操作性を向上、より品質にこだわる超速硬コンクリートの製造を可能にした装置となりました。