特別セミナー

SPECIAL SEMINAR

事前申込制

聴講無料

特別セミナーはA会場・B会場・C会場の3会場で計29講演開催いたします

CPD/CPDSユニット付与

【特別セミナーA会場・B会場・C会場の全てのセミナー】及び 【PRセミナーIII会場 5月25日(水)10:30〜11:30 日本トイレ協会のセミナー】は、
JSCE CPDJCM CPDSJCCA CPD付与対象セミナーです。

(公社)土木学会(JSCE)のCPD 1unit

JCM CPDS

(一社)全国土木施工管理技士会連合会(JCM)のCPDS 1unit

JCCA CPD

(一社)建設コンサルタンツ協会(JCCA)のCPD 1unit

※ 以下のプログラムにて、上記マークの記載があるセミナーが対象です。

※敬称略
セッションの録音、写真・動画撮影などは
一切禁止させていただきます。
都合により講師、プログラムの内容に多少の変更がある場合がございます。

DAY 1
5 / 25
Wed
10:20
|
11:20

5/25 (水) 10:20-11:20 C会場

CSPI-C301
JCM
CPDS
JCCA
CPD

Caterpillarが実現する持続可能な建設現場の未来

~さらに進化するデジタルプラットフォーム型建設機械~

キャタピラージャパン
販売促進部
中・大型製品担当部長
山本 茂太

Caterpillar社にて営業・マーケティング活動を行う。特に災害復旧工事などの遠隔無人化施工支援や、自動/自律施工の分野でユーザとの共同開発をリードするなど、次世代の建設施工実現に尽力している。

Caterpillar社は、建設機械のオートメーション(自動)/オートノマス(自律)運転を可能にする、フル電子油圧制御を備えたデジタルプラットフォーム型製品とあわせて、温室効果ガスの排出を低減するパワートレーンの展開も進めている。未来の持続可能な建設現場の実現に向けた、先進ソリューションについて紹介する。

DAY 1
5 / 25
Wed
12:20
|
13:20

5/25 (水) 12:20-13:20 C会場

CSPI-C302
JCM
CPDS
JCCA
CPD

最新型レーザスキャナにおける自動合成技術とその活用事例について

~レーザスキャン自動合成技術解説、ロボットによる点群計測事例紹介~

株式会社ニコン・トリンブル
ジオスぺーシャル事業部
マーケティング課
マネージャー
木村 博之

株式会社ニコン・トリンブル ジオスペーシャル事業部 マーケティング課所属
国際協力事業において後進国での測量作業に携わり、その後測量機メーカーに勤務。測量・建設のお客様を対象に満足度高い製品/ソリューションの提供を日々心がけています。

株式会社ニコン・トリンブル
ビルディングソリューション推進部
マネージャー
春岡 裕史

株式会社ニコン・トリンブル ビルディングソリューション推進部
長年に渡り測量機メーカーにてマーケティング活動に従事、近年はBIM先進国の企業による先進技術の実装やPR手法を現地で経験、課題解決を通じて得た知見を現職で展開しています。

最新型の3次元レーザスキャナでは、各ポジションで取得したスキャンデータやセンサーを利用して点群の自動合成を行う画期的な機能が搭載されております。今回のこの自動合成の仕組みとその利便性、加えて建築・建設・測量での活用事例をご紹介致します。この自動合成機能は現場での作業だけでなくデータ処理における作業時間を大幅に短縮させます。自動合成技術は今まで必要不可欠であった3次元計測においての特別な経験値や知識に代わり、ワークフローの自動化を実現することで生産性の向上が期待出来きる新しい技術です。

DAY 1
5 / 25
Wed
14:20
|
15:20

5/25 (水) 14:20-15:20 C会場

CSPI-C303
JCM
CPDS
JCCA
CPD

スマートコンストラクション導入効果の紹介

株式会社EARTHBRAIN
代表取締役社長
小野寺 昭則

1987年小松製作所(コマツ)に入社。国内の建設機械のセールス、マーケティングを経験したのち1997年からは油圧ショベルの商品企画やITを活用したビジネスモデルの開発に取り組む。その後2002年には欧州コマツ(本社ベルギ-)に駐在し油圧ショベルのマーケティングゼネラルマネ-ジャ-に就任。2008年にはコマツの建機販売企画部長、欧米事業部長を歴任。2013年に国内の建機レンタルを担当するコマツレンタルに異動し2015年に社長、2017年からコマツのスマートコンストラクション推進本部副本部長 兼 国内販売副本部長を経て、2021年7月より株式会社EARTHBRAIN社長に就任。

2013年にICTブルドーザ、翌2014年にICT油圧ショベルを市場へ導入し、2015年に建設現場に大きな変革をもたらす建設現場ICTソリューション「スマートコンストラクション」を開始。 現場全体をICTでつなぐことで生産性を大幅に向上し、「未来の現場」を創造していくスマートコンストラク ションは、日々進化を続けている。建設現場のデジタルトランスフォーメーション実現を加速するスマートコンストラクションレトロフィットも導入し、20,000件に迫るスマートコンストラクションの現場から、生産性向上の事例を紹介する。

DAY 1
5 / 25
Wed
15:50
|
16:50

5/25 (水) 15:50-16:50 C会場

CSPI-C304
JCM
CPDS
JCCA
CPD

アクティオとしての生産性向上に関する取り組み

株式会社アクティオホールディングス
ITグループ
営業支援システムチーム
ITサービスデリバリー
チームリーダー
佐藤 博之

建設会社、IT会社、建機メーカーIT部門を経て、2019年よりアクティオホールディングス ITグループに入社。かつて建設機械をレンタルする側であった経験を「アクティオ建機レンタルWeb注文サービス」構築に活かし、完成へと導く。

株式会社アクティオ
レンサルティング本部
道路機械事業部 ICTサポート課
中野 愛美

2016年アクティオに入社。レンサルティング本部 道路機械事業部 ICTサポート課に所属。入社当時から同部署に所属し、i-Constructionに関するセミナーの講師やICTを含む汎用機、道路機械の営業に取り組む。

佐藤 博之
~「アクティオ建機レンタルWeb注文サービス」の取り組み~
中野 愛美
~建設DXに向けた取り組み~

「アクティオ建機レンタルWeb注文サービス」は、建設機械レンタルの煩わしさを解消する新しいサービスです。24時間いつでも、どこでも、スマートフォンやタブレット、パソコンから簡単に注文ができるほか、注文履歴や在籍機械情報の共有により無駄なレンタルの防止や業務効率化が可能です。実際に導入されたお客様の声や導入事例をご紹介いたします。i-Construction推進のため、アクティオは、お客様に合わせてサービスを細分化し、お手伝いが必要な部分のサービスを必要なだけ提供することを推し進めており、その事例をご紹介いたしいます。また、会社の垣根を越えた協業による、API連携での作業効率に関する取組みに関してもご紹介いたします。

DAY 2
5 / 26
Thr
10:20
|
11:20

5/26 (木) 10:20-11:20 C会場

CSPI-C305
JCM
CPDS
JCCA
CPD

Caterpillarが実現する持続可能な建設現場の未来

~さらに進化するデジタルプラットフォーム型建設機械~

キャタピラージャパン
販売促進部
中・大型製品担当部長
山本 茂太

Caterpillar社にて営業・マーケティング活動を行う。特に災害復旧工事などの遠隔無人化施工支援や、自動/自律施工の分野でユーザとの共同開発をリードするなど、次世代の建設施工実現に尽力している。

Caterpillar社は、建設機械のオートメーション(自動)/オートノマス(自律)運転を可能にする、フル電子油圧制御を備えたデジタルプラットフォーム型製品とあわせて、温室効果ガスの排出を低減するパワートレーンの展開も進めている。未来の持続可能な建設現場の実現に向けた、先進ソリューションについて紹介する。

DAY 2
5 / 26
Thu
12:20
|
13:20

5/26 (木) 12:20-13:20 C会場

CSPI-C306
JCM
CPDS
JCCA
CPD

Trimbleの建設ICT次世代プラットフォーム

~プラットフォーム間の連携と協調、地場で自律施工が普及する将来へ向けて~

サイテックジャパン株式会社
CSグループ マネージャー
柿本 亮大

建設業界向けソフトウェア開発に従事した後、2013年に株式会社ニコン・トリンブルへ入社。建設ICTソリューションのセールスエンジニアを担当。2017年にサイテックジャパン株式会社設立後は同社にてTrimble製品のセールス、マーケティング、クラウド製品の国内導入や普及促進に取り組む。

ICT建機と3Dモデルを活用した生産性の向上、この次はどのように展開していくのでしょうか。Trimble Earthworksの設計・施工履歴データをより便利に運用するためにクラウドサービス間でデータ連携を図ります。i-Constructionがはじまり建機メーカー、CADベンダー、測量機器メーカー、異業種から多種多様なサービスが提供されています。協調領域を設けサービス間で連携していくことが求められています。全国の地場建設会社で自律施工を実施する将来へ向けたTrimbleの開発コンセプトや動向を紹介します。

DAY 2
5 / 26
Thr
14:20
|
15:20

5/26 (木) 14:20-15:20 C会場

CSPI-C307
JCM
CPDS
JCCA
CPD

スマートコンストラクション導入効果の紹介

株式会社EARTHBRAIN
代表取締役社長
小野寺 昭則

1987年小松製作所(コマツ)に入社。国内の建設機械のセールス、マーケティングを経験したのち1997年からは油圧ショベルの商品企画やITを活用したビジネスモデルの開発に取り組む。その後2002年には欧州コマツ(本社ベルギ-)に駐在し油圧ショベルのマーケティングゼネラルマネ-ジャ-に就任。2008年にはコマツの建機販売企画部長、欧米事業部長を歴任。2013年に国内の建機レンタルを担当するコマツレンタルに異動し2015年に社長、2017年からコマツのスマートコンストラクション推進本部副本部長 兼 国内販売副本部長を経て、2021年7月より株式会社EARTHBRAIN社長に就任。

2013年にICTブルドーザ、翌2014年にICT油圧ショベルを市場へ導入し、2015年に建設現場に大きな変革をもたらす建設現場ICTソリューション「スマートコンストラクション」を開始。 現場全体をICTでつなぐことで生産性を大幅に向上し、「未来の現場」を創造していくスマートコンストラク ションは、日々進化を続けている。建設現場のデジタルトランスフォーメーション実現を加速するスマートコンストラクションレトロフィットも導入し、20,000件に迫るスマートコンストラクションの現場から、生産性向上の事例を紹介する。

DAY 2
5 / 26
Thu
15:50
|
16:50

5/26 (木) 15:50-16:50 C会場

CSPI-C308
JCM
CPDS
JCCA
CPD

ICT建機及び建機安全補助装置の紹介

~Hemisphere製UniStrong BHマシンガイダンス、U-stoppen~

株式会社カナモト
特機エンジニアリング部
次長
笹原 久之

特機エンジニアリング部 建設ICT推進課にてICT建設機械全般を取扱いを行う部署に所属

ユナイト株式会社
広域営業部 部長
ニュプロダクツ室 室長
小田 和功

広域営業部、ニュープロダクツ室にてオリジナル商品関連全般を取扱いを行う部署に所属

Hemisphere製UniStrong BHマシンガイダンス(大型・中型・小型)に対応するマシンガイダンスシステム及び地盤改良機の紹介及びBH、ローラー安全停止補助装置U-stoppenの紹介

DAY 3
5 / 27
Fri
10:20
|
11:20

5/27 (金) 10:20-11:20 C会場

CSPI-C309
JCM
CPDS
JCCA
CPD

Caterpillarが実現する持続可能な建設現場の未来

~さらに進化するデジタルプラットフォーム型建設機械~

キャタピラージャパン
販売促進部
中・大型製品担当部長
山本 茂太

Caterpillar社にて営業・マーケティング活動を行う。特に災害復旧工事などの遠隔無人化施工支援や、自動/自律施工の分野でユーザとの共同開発をリードするなど、次世代の建設施工実現に尽力している。

Caterpillar社は、建設機械のオートメーション(自動)/オートノマス(自律)運転を可能にする、フル電子油圧制御を備えたデジタルプラットフォーム型製品とあわせて、温室効果ガスの排出を低減するパワートレーンの展開も進めている。未来の持続可能な建設現場の実現に向けた、先進ソリューションについて紹介する。

DAY 3
5 / 27
Fri
12:20
|
13:20

5/27 (金) 12:20-13:20 C会場

CSPI-C310
JCM
CPDS
JCCA
CPD

ライカの最新ICT施工ソリューションとタイトレックの事例紹介

~「道路プラン君3D」を使用した現場・災害対応のご紹介~

ライカジオシステムズ株式会社
ヘビーコンストラクション事業部
部長
竹添 明生

大手Sierからジオサーフ株式会社、ジオサーフCS株式会社を経て、2020年ライジオシステムズに入社。衛星画像によるリモートセンシングから、農業林業分野におけるGNSS受信機販売や、農業分野向けICT製品の開発・販売に携わり、2018年よりライカのICT施工ソリューション事業を担当しています。

タイトレック株式会社
代表取締役社長
山口 孝人

専門工事業社の玉石重機(株)の常務取締役とタイトレック(株)の代表取締役社長を兼任。専門工事に40年余り携り、タイトレック(株)を平成31年に設立し代表取締役社長に就任。長年培ってきた現場経験を生かし、現場に即したICT技術で起工測量から竣工までの一連を自社内技術のみで確立させました。新しい発想と技術を用いて土木工事現場及び日本各地の災害に対応しております。

建設現場における生産性向上や安全性向上を実現するライカの最新ICTソリューションの紹介と、タイトレック株式会社のICT技術「道路プラン君3D」を使用した現場・災害対応についてご紹介致します。

DAY 3
5 / 27
Fri
14:20
|
15:20

5/27 (金) 14:20-15:20 C会場

CSPI-C311
JCM
CPDS
JCCA
CPD

スマートコンストラクション導入効果の紹介

株式会社EARTHBRAIN
代表取締役社長
小野寺 昭則

1987年小松製作所(コマツ)に入社。国内の建設機械のセールス、マーケティングを経験したのち1997年からは油圧ショベルの商品企画やITを活用したビジネスモデルの開発に取り組む。その後2002年には欧州コマツ(本社ベルギ-)に駐在し油圧ショベルのマーケティングゼネラルマネ-ジャ-に就任。2008年にはコマツの建機販売企画部長、欧米事業部長を歴任。2013年に国内の建機レンタルを担当するコマツレンタルに異動し2015年に社長、2017年からコマツのスマートコンストラクション推進本部副本部長 兼 国内販売副本部長を経て、2021年7月より株式会社EARTHBRAIN社長に就任。

2013年にICTブルドーザ、翌2014年にICT油圧ショベルを市場へ導入し、2015年に建設現場に大きな変革をもたらす建設現場ICTソリューション「スマートコンストラクション」を開始。 現場全体をICTでつなぐことで生産性を大幅に向上し、「未来の現場」を創造していくスマートコンストラク ションは、日々進化を続けている。建設現場のデジタルトランスフォーメーション実現を加速するスマートコンストラクションレトロフィットも導入し、20,000件に迫るスマートコンストラクションの現場から、生産性向上の事例を紹介する。

聴講する特別セミナーを決めたら、事前登録をお忘れなく!

来場事前登録

をする方は…

登録後、メールで届く【入場証】を印刷してご持参ください。
当日は、来場受付でホルダーを受け取るだけで入場できます。

招待券で来場

をする方は…

登録後に届く【セミナー事前登録完了のご案内】のメールを印刷して、招待券と一緒にご持参ください。
当日は、来場受付で来場登録を行ってください。